獣医師のドッグフード研究コラム

第8回:犬の食事の嵩(かさ)を増やす方法と注意点

 

 

こんにちは。獣医師の清水いと世です。

今回は食いしん坊のわんちゃんや減量(ダイエット)の必要なわんちゃんのために、食事の嵩を増やすための食材や方法、注意点についてのお話をさせていただきます。

 

 

「嵩を増やす」ときの注意点

太らないという目的を満たすためには、嵩を増やすときにカロリー(エネルギー)が増えてはいけません。このため、通常、嵩増しに使うのはカロリーのない、あるいは今食べている食事よりカロリーができるだけ少ないものを用います。

 

嵩増しをすることによる注意点は、必要な栄養素が取れなくなる場合があることです。

 

嵩を増やすことで、必要な食事量が食べられなくなると、体が必要とする栄養素(タンパク質や脂肪、ビタミン、ミネラルなど)も摂取することができなくなります。

 

嵩は増やしても、必要な栄養は摂取できるようにしましょう。

 

 

「嵩を増やす」ときに使うもの(食材とは限りません)と方法

1.水

市販のドッグフードや食材に水を混ぜることによって、カロリーを増やさずに嵩増しできます。

 

ドライフードの中には、簡単に水でふやける製品もありますが、一般的なドライフードは、水で浸すだけでは簡単にはふやけません。お鍋で煮てもなかなかふやけません。また、長時間、高温でドライフードを調理するとビタミンが破壊される心配もあるため、ふやけにくい製品は、砕くか、粉砕しましょう。

 

 

2.低カロリーの食材

どの食材も多かれ少なかれカロリー(エネルギー)はあると考えてください。

 

野菜のカロリーは低めですが、高カロリーな野菜もあります。
植物由来の食材で考えると、イモ類、カボチャ、豆類はカロリーが高めです。
葉野菜は、カロリーが低めのことが多いです。

 

肉類の中では、ささみは低カロリーですが、食材全体で見れば、十分、カロリーがあります。

 

おからは、豆腐製造時に豆乳を絞る際の副産物というイメージからか、カロリーが低いと思われていますが、十分にカロリーがあります。

 

カロリーを気にするのはいいことです。今は、インターネットを使える環境にあれば、文部科学省が公表している食品成分データベースで、簡単にカロリーや栄養素量を調べることができます。もちろん、人間用ですが、食材間の比較や目安にするには非常に便利です。ご利用ください。

 

以下は、食品成分データベースからの抜粋です(注意:おすすめの食材ではありません)。

犬の食事のかさましの参考になるエネルギー表

ドライタイプのドッグフードの多くは、フード重量100 gあたり350 kcal以上あるようです。
缶詰タイプは、さまざまです。水分を多く含む製品はもちろん、カロリーが低くなります。

 

「水」と異なり、嵩増しに食材を用いるときは、栄養素の過剰にも注意しないといけません。十分食べているのに、さらに嵩増しフードでカロリーも過剰にならないようにしましょう。

 

嵩増し食材の嵩増しに貢献している成分は、水分や食物繊維です。食物繊維により犬の食事の嵩を増やすことは、満腹感が得られ、食事摂取量が減少することがわかっています。

 

 

「嵩を増やす」以外に私たち飼い主ができること

1.わんちゃんと一緒に食事を我慢する。

ドッグフードを食べる勢いが悪いために、美味しすぎるフードを選んでいませんか。ドッグフードを美味しそうによく食べる姿は、見ていてうれしいですが、その美味しすぎるフードをわんちゃんは、我慢しなくてはいけません。
適切なフードを与えましょう。

 

2.早食い防止食器を使用する。

 

3. 1回の食事を2回に分け、早食い完食した後、数十分後に2回目のごはんを与える。

1日に何回も与えるのではありません。
食事の内容によりますが、消化に時間のかかるような食事を1日に何度も与えると、常に胃の中に食事が存在することになってしまいます。空腹時間を設けることも必要です。

 

4.ダイエット用(減量用)のフードにする。

ダイエット用のフードは、カロリーの低い食物繊維を使用したり、空気を含ませたりすることで嵩増ししたり、粒の形状を大きくする工夫を行っていたりします。またこれら市販フードは、通常、カロリーは抑えても栄養素は不足しないような配慮がされています。

 

ダイエット用のフードの中には、炭水化物の量を抑えてタンパク質の量を増やしたフードもあります。これは、栄養組成の研究から考案された減量のための食事であり、推奨されます。

 

5.食事を変更する。

栄養が不足していては、犬の欲求は続くかもしれません。
例えば、タンパク質や脂肪の足りない食事であれば、これらを十分に含む食事に変更しましょう。

 

 

体重計に乗って体重管理をされている犬の様子

おわりに

 

ダイエットが目的であれば、体重測定を行いましょう。
1日1日の体重の増減で一喜一憂せず、長い目でダイエットには取り組んでください。

 

心臓や足腰が悪くなって、運動できないような状態になってしまうと、ダイエットはますます難しくなります。過保護になりすぎず、しっかり筋肉がつくような環境を作りましょう。

 

「嵩増し」に挑戦したいけど、栄養の過不足が心配な場合、カロリー計算などが面倒な場合は、専門家にご相談ください。

 

 

 

 

 

ドッグフード研究コラムの獣医師のプロフィール

 

 

 

 

 

 

 

 

国産・無添加のドッグフードPERORIはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 


ページトップへ